自分の身に置き換えたら

薬物からの離脱を支援するNPO法人「ダルク」
新設する場所は住宅街のど真ん中。
これは流石に自分の身に置き換えたら嫌だなと思いました。
以前、都内の住宅街に児童相談所を作るときに住民がNOを突き付けていましたが、あれとは程度の差が違うと思います。
薬物の離脱を手助けする施設が日本に少ないのは問題でしょう。
他にも幼児性愛者などの性癖がある人を刑務所にただ入れて、刑期が終わったら出すだけでは再犯の可能性が高いなど。
必要な施設はたくさんあるし、もっとつくるべきだとは思うけどそれを自宅の隣に作られたら困る。
その気持ちはわかります。
ましてや薬物依存は自分でコントロールできないからこそ必要な場所になるという事は危険性は高いとしか思えませんからね。

コメントは受け付けていません。