被害者面しているのが変

倒産した、または倒産寸前までいってしまったけれど現在はなんとか持ちこたえている会社という特集がありました。
みたところ、有名な会社が多かったように思います。
社員教育も酷いし残業代も出さないのでブラック企業として有名なところでは、今でも印象が悪いなってところばかりです。
それでも今はいろいろ変更していってる、というのは企業努力でしょうね。
しかし、マイナスなときでも見捨てないで残っていてくれた中でみんな頑張ったとか、自分達で言っているのが少々気持ちが悪いです。
だって世間からバッシングされるような経営をしていたのは本当のことなんですから。
状況が悪いときに離れていく人とそうでない人が分かったとかなんだか被害者面しているのが変ですよ。