今日読んだ本の話し。
中学校を卒業した日、家に帰ると母親が暴力で末の弟を殺していました。
父親は出ていおったあとで働くことが出来る大人は母親だけ。
母親が捕まってしまったら、主人公の長男ほか6人の兄弟たちは行きていけない。
そこで長男は考えます。
全員男だからみんなで弟の変わりになって他の学校に編入する。
長男はひきこもりということにして。
そんな馬鹿なと思ったけど、うまく行ってしまいます。
しかし、次の3月にまたその時の末弟を母親が「やってしまった」
そしてその次の3月も。
そんな馬鹿かな!!!って何回言ったことでしょうか。(笑)
最終的にはその時に9歳児の予定の13歳の弟が強姦未遂で逮捕されました。
次に殺されるのは自分だと思ったのでやりたかったと。
短い話しでしたけどなんとも言えない話しでしたね。

スキルがなくても転職はできる。でも資格は有利?

転職というのは自分のスキルや経験を活かすことができる職場にした方がいいです。
ですが、若い場合はこれといったスキルも経験もない場合があると思います。
あるいは興味があるけど未経験なので転職ができるのかどうか不安ということもあると思います。

30代、40代になるとそれまでの経験を活かさないと、なかなか転職先が見つからないかもしれません。
ですが20代であれば、まだまだ新しい業界にもチャレンジができる年齢です。
経験やスキルがあるに越したことはありませんが、将来伸びそうな人材であればどこの企業だって欲しいわけです。

逆にキャリアだけ長くても、ろくに仕事が出来ないという場合もあるわけです。
そのようにスキルが伸びないと自分で自覚をしているのであれば、別の業界で働いてみることを考えてもいいでしょう。
そうして、また新しい気持ちで働いていけば違った発見もあるかもしれません。

そんな方にお勧めなのが、介護業界の資格です。
比較的すぐ取得できるうえに、業界構造として人材が不足しているので、就職もしやすいです!
(※介護福祉士の求人事情の詳細はコチラから

未経験でも良いという企業は決して少なくありません。
ただ、良い条件を探そうとすると当然厳しい転職活動にはなるでしょう。
ある程度はやりがいや楽しさということを意識して、転職先を探すのがいいかもしれませんね。
今の仕事が合わないのにだらだらと仕事を続けて年を重ねるよりは、さっさと転職をした方がいいかもしれませんよ。