女性は50代からイビキに注意

何故か50代以降にイビキが出やすくなる
アゴの大きさとイビキの関係
イビキは人の粘膜が震える
鼻から肺までの厚みで音が違う。喉の粘膜の振動オン
寝ていると気道が閉じてしまって空気が通りづらくなって
イビキで病院に行かないのが女性なので、それが表に出てくるようになったので表面化したとも言われている。
イビキをかく人は肥満体系ということもありません。
脳が酸素不足になって寝不足
イビキをかくこと自体が体は休まっていないのです。

しかし自分がイビキをかいているかわからないですよね。

チェック
お昼ご飯を食べると眠くなる
電車やバスで眠く
血圧が高い
夜中に二回以上トイレ
首が太い
小顔だねと言われる
閉経を迎えた

3つ以上あると夜中にイビキをかいている可能性がある

薬剤師あるある

たぶん「あるある」でしょう。親が薬剤師なせいで、子どもがいじめられるんですね。「薬剤師」って、切るところを変えると、「やくざ・いし」もなるでしょ。それだけで、いじめの理由になるんですよ。

きっと、本物のヤクザなら、いじめられないんでしょう。でも、「薬剤師」は「ヤクザ」ではないわけです。

いや、子どもには申し訳ないような気もしてますけどね。親が薬剤師ってだけで、いじめられるんですから。いじめられるのも、暴力を受けて傷ができるくらいなら、外用薬をつくれちゃうんですねどね。薬剤師ですから、それは、お手のものだったりします。

でも、そんな外傷のできる簡単ないじめじゃないんですね。もっと精神的なものなんです。それは、薬剤師が薬をつくって、どうにかなるものではないですね。

もちろん、薬剤師が外用薬をつくったところで、すぐに治るわけでもないんですけどねぇ。そんなに簡単に治るようであれば、外用薬すら要らないわけですから。薬剤師を否定するようなことをいっちゃってますが、まさに、薬剤師要らずでしょ、それって。

とはいえ、薬剤師が外用薬をつくるにつくれない、ってのは、問題なんでしょうかね。頑張りようがないわけですから。