昆布とドライマウス

昆布の中に旨みがつまっているうまみとはグルタミン酸。
グルタミン酸を口に含むと自律神経が反応します。
長く反応するので効果的です。
レモン汁と昆布茶をそれぞれ30秒間口に含んで口腔水分計で計ってみる。
レモン水は五分経つと27.4と試験前に戻るが、昆布茶は30.4と効果が長かったです。
通常の3倍に薄めて1日500ミリリットルを少しづつ口に含むようにすると良い。
3倍に薄めるのは塩分が良くないからだそうです。
唾液力アップには?
口の中をきれいにしてさらに唾液を出す方法があります。
それは歯磨きをすることです。
歯磨きは口の中をきれいにするだけでなく自律神経を刺激するので唾液が分泌されるからです。
日常生活で有効な方法が他にもあります。