どちらが悪いとは言えないけれど。

小さな集落で起きた殺人事件のことで少し。
犯人が逃走しているときは残った住民たちの意見が報道されて頭がおかしくなっている犯人像がありました。
しかし、確保される少し前からは容疑者を知る人から集落での孤立や差別があったと報道。
5人も人を殺したことを認めているようなので殺人者には違いありません。
でも人が少ない集落での出来事は大人のいじめみたいなものだと感じました。
両親の介護で戻ってくるなど、優しい人物像だってあります。
だからと言って殺人が相殺されるわけではありませんが、起こるべくして起こったのかもしれませんよ。
両親を看取って容疑者はその集落から出れば良かったんじゃないかと、第三者としては単純に考えてしまいます。