自分基準で他人を否定しない

ディズニーランドが苦手と言いにくい雰囲気、という記事を読みました。
私も大賛成です。
苦手というのは柔らかな表現でありはっきり言って嫌いです。
何がいいのかさっぱりわからないので、こないだいは記念グッズの争奪戦で大混乱とかあったらしいのも理解できません。
でも世の中にはマニアと呼ばれるくらい大好きな人がいるのでそういう人がいるかもしれないという前提ではいますね。
誰だって好きばものを否定されるのは嫌でしょうからね。
あとはディズニーを受け入れる体制がありすぎるというか、嫌いといういう人は良くない人みたいな雰囲気だってあります。
とくに女性はね・・・。
まあ、何事も自分基準で他人を否定しないことが一番かなと思います。

また読みたいと思わせてくれる

[素人がいっぱい ラブホリックの事件簿]を読みました。
会社を辞めて素人デリバリーヘルスの店長になった勇吾が主人公です。
家には無職宿無しの宗介を居候させています。
面接に来た女の子が殺された等のミステリーで読みやすかったです。
なんでもできちゃう宗介の過去が少しづつあかされていくのですがものすごく重たいわけでもなく軽いわけでもなく読みやすい。
殺したい人がいるけど殺せない。
悩む宗介とお店の女の子たちとのちょっとしたやりとり。
風俗で働く人が出てきてもくらい感じはないのが印象的です。
実際は義理の父親の乱暴とか狂暴な変態とかも出てきましたけどね。
この作家さんの本はまた読みたいと思わせてくれることを思い出しました。

もろこしプリン

昨日さ、道の駅みたいなところばかり行って、半額でいいよって言われて。
何が半額でいいって?
それでプリンを買ってきた。
これが朝いちばんに交わした母親との会話です。
主語がないので何を買ってきたのかわからないといういつも通りの会話ですよ。
両親が旅行先で「半額にするよ!」と言われて買ってきたプリンの話しを少々。
美味しそうだったのに食べてみたら変な味。
もろこしプリンだったんですよ。
トウモロコシの皮?つぶつぶがありました。
トウモロコシは嫌いな私はひとくちで無理でした。
無添加で半額しか見ていなかったので、母も気が付かなかったそうです。
私のようにトウモロコシが嫌いではないのに、美味しくなかったと言っていました。

インテリアにこだわり

インテリアにこだわりを持っている人はお金をかけて自宅を好みな空間にしている、という印象です。
私としては人を招くでもないので安い方がいいという、全く拘りはありません。
テレビや雑誌で見るようなおしゃれ空間の方が落ち着かないという一般庶民ですね。(笑)
番組の間にやっているミニ番組にインテリアでイメージチェンジを目指すのなら、というアドバイスという名の販促番組がありました。
何気なく見ていると・・・
玄関からリビングにマットを敷く
全く印象に残らないから
リビングへの期待感を抱かせることができる
玄関にアロマの香りを漂わせて非日常を演出する。
とやっていましたよ。
自宅に帰るのに非日常って必要ですかね。
友達や恋人へのってことでしょうか。

真実なのか違うのか

有名タレントの子供が父のものをパクッていたとか、無断で転売していたとかってそんな告白を聞いて面白いですか?
親馬鹿として一緒に出演して告白というのならまだしも、内緒で出演していますというスタンスです。
身内とはいえ犯罪行為なのに笑いながら言う子供やこれを採用しようと思った番組も頭がどうかしているとしか思えません。
いつだったか10代のときに万引きをしたと言っていたタレントが避難をあびて干されたことがあるのに。
4人も子供がいて聞いたことがないアーティストとか学校に行っているとか全てお父さんがいてこそですよね。
オンエアーは見せないようにするってネットがあるし無理でしょ。
父親が知っているたんなるヤラセだったとしたらこの家族を軽蔑します。

3人兄弟の末路

全員70代男性3人が相次いで高いところから転落して死亡したというニュースがありましたね。
自殺にしてもどんな関係の3人だか?と思ったら詳細がありました。
兄Aさんは足が不自由で施設入所。
弟Cさんは障がいがある。
弟の面倒を見ていたのは、真ん中の兄であるBさん。
仲良く暮らしていたが面倒をみるBさんは目が不自由になってきたそうです。
施設にいた兄を引き取り、3人は自ら飛び降りたという疑惑の真っただ中。
自分がいないと弟はなにも出来ないと言っていたBさんの苦悩は誰も理解できないでしょう。
最悪な結果になってしまったけれど、3人仲良く天国に行ったのだとすればこれはこれで幸せなのではと思ってしまいました。
どんな最期が良いかは他人には決められませんからね。

世の中、腹が立つことばっかり

世の中、腹が立つことばっかりです。
それは分かっていますけど、そのことを一時的には受け入れるけれどストレス発散しないとやっていけません。
職場から離れる人がいるのですが、何故かその人の仕事を私が新人さんに教えることになっています。
子供じゃないんだからちゃんと引き継いでいけよ!と思いません?
完全に本人の問題なのになんで私がこんなめにあわないといけないのか。
そしてそれを誰も手伝ってはくれません。
仕事なんてストレスだらけなのも当たり前だと思っています。
でもだからってそんなことばかりじゃあ、私だってやっていけませんよ。
一刻も早く私もここから立ち去りたいです。
ほかの同僚で同じようなことを考えている人がいるかどうか、それも心配です。
私は誰にも言っていませんからね。

高カロリーのお菓子

ピーナッツに砂糖入りココアが絡めてある、その名も『ココアピー』ってご存知ですか?
おつまみの小袋に入っているものを、以前に後輩薬剤師Uさんからもらったんです。
食べたことはなかったのですが程よい甘さで美味しかったです。
また食べたいなぁと思っていたら、みつけました!
値段も思っていたより安いので買おうと思いました。
何気なく裏を見たら、なんと530キロカロリーもあるじゃないですか。
30分もあれば食べ終わるような量なので、袋をあけたら確実に食べきってしまいます。
食べたいけれどこのカロリーは怖すぎる。
どうしようかと迷いましたが、そっと商品棚に戻しました。
食べて美味しかったメーカーとは違うし!
正直いってやっぱり高カロリーがヤバすぎて手が出ませんでした。

顔は関係ないのに

大臣が公務中に公用車でヨガスタジオに行っていたという週刊誌報道。
卑猥なお店ではないとヨガスタジオの人が出過ぎなのにも違和感があります。
そりゃあ、否定したいのでメディアに出るという方法もあるでしょう。
ただ、男性は11000円って高すぎですよ。
女性はグループで行うので3000円代と安いというのはわかります。
男性は一対一でヨガのあとにマッサージをしてくれるってナニソレ。
卑猥じゃないとはいえ、なんかちょっとモヤモヤするコースですね。
だって美人ヨガスタジオっておかしいでしょう。
ヨガの先生が美人の必要はないでしょう。
もちろん、ヨガをしているからこそ美人だという証明にはなるでしょう。
でも顔は関係ないのにって思うのは同性だからでしょうか。

今年の花粉

今年の花粉は今まで生きていた中で最強クラスではなかろうか?!
ってほど酷いと感じています。
基本的に一年中、鼻の調子は悪いものだと思っていますけど、やっぱりこの時期のムズムズ具合は強くなります。
あと困るのが頭痛です。
物凄く激痛というわけではありませんけど、ずーっとじわじわと痛いんですよ。
仕事中とかもその痛さにイラッとくるというか・・・。
花粉が花粉がとこの時期に話題を出すのは聞くのも嫌ですけど、今年は私も言いたくなります。
花粉の影響で頭が痛くなるのは脳に空気があまりいっていないせいもあるって、先輩薬剤師さんが言っていました。
ちょっと、それって言葉で聞くと怖いんですけど。
早くこの季節が通り過ぎて欲しいけどそうすると真夏がやってくるのでそれも憂鬱です。