今年の花粉

今年の花粉は今まで生きていた中で最強クラスではなかろうか?!
ってほど酷いと感じています。
基本的に一年中、鼻の調子は悪いものだと思っていますけど、やっぱりこの時期のムズムズ具合は強くなります。
あと困るのが頭痛です。
物凄く激痛というわけではありませんけど、ずーっとじわじわと痛いんですよ。
仕事中とかもその痛さにイラッとくるというか・・・。
花粉が花粉がとこの時期に話題を出すのは聞くのも嫌ですけど、今年は私も言いたくなります。
花粉の影響で頭が痛くなるのは脳に空気があまりいっていないせいもあるって、先輩薬剤師さんが言っていました。
ちょっと、それって言葉で聞くと怖いんですけど。
早くこの季節が通り過ぎて欲しいけどそうすると真夏がやってくるのでそれも憂鬱です。

ビニール袋で火をつける方法

スペイン人の冒険家がビニール袋で火をつける方法を公開していました。
これで無人島にいても平気!みたいなコメントがありましたが、そもそも無人島にビニール袋はあるんだろうか・・・(笑)
で、その動画を見てみたら想像していたのとは違いました。
海の水をビニール袋に入れて虫眼鏡の要領で日光を枯れ草に当てて火をおこしていましたよ。
これはかなり時間がかかるだろうし、ビニール袋と言っても透明な袋じゃないと出来そうもないです。
動画ではすぐに火がつきましたが、めちゃくちゃ暑そうな場所だったからかもしれません。
まあ、なんにしても何かを代用して事をなすという知識はあって損はないので少々おもしろかったです。
無人島には行かないけど災害だってありますからね。

海外ドラマは面白い

以前映画館に行ったのはいつだったのか、さっぱり覚えていません。
映画に興味がないんですよね。
でも最近は、海外ドラマは面白いなって思っていますよ。
字幕じゃなくて吹替えの方が良いです。
となると、テレビ放送しているかなり昔のものとかばかりになってしまいますね。
先日も自分の休日である平日の昼間にやっているのを見たんですよ。
やることがあるのでパソコンをつけたまま、なんとなく見ていたんです。
でもそれがアクションものだったから、なんとなく目が離せなくなって困りました。
銃が普通に出てくるし、関係のない人まで巻き込まれて撃たれたりして嫌になります。
暴力的なシーンが多いので目をおおいたくなりましたが、その先が気になってしまいます。

ギョウザとチリソース

ギョウザが全く好きではありません。
つくるのが本当に心底めんどくさい。
しかも焼いたって美味しくは感じません。
なんでギョウザをつくらなければならないのかわかりませんよ。
最近、父親も自宅で作ったギョウザは不評であることを薄情しました。
だったらよけいにつくらなければいいのに母がつくるんですよ。
ギョウザを焼く専用のフライパンを買う父の行動も意味不明です。
たぶんタレが美味しくないんだろうな、とスイートチリソースをかけてみました。
美味しい!と思ったのはギョウザではなく、ただたんにスイートチリソースが美味しいということかなぁと思いました。
今は、たまたまスイートチリソースがあるけどなくなってしまったら自分で買ってこようかな。

上手く言えないこと

最近、自分が思っていることや言いたいことが上手く言えないことがあります。
口は動いているけど重要な単語を抜かして話していることがあるんですよ。
それに気が付いてはいるけどどうやってそこを話せばよいのか混乱しているとか。
ろれつが回らないのは脳梗塞の兆候ともつながりますけど、そういうこともでもないようです。
とくに仕事の話しをするときには、時間がかかってしまうから相手にも申し訳ないです。
ただたんに、説明が下手というだけなのかはわかりません。
でもむかしはそんなことはなかったような気がするんですよ。
身内でも自分の話したいことから話すので主語がなくて言っている意味が分からない、ということがよくあります。
イラっとすることがあるので私は直したいです。

差別は世界共通で×!!

大リーグの某選手が、ダルビッシュ選手からホームランを打ったあとにベンチでアジア人を侮辱するしぐさをしたそうです。
それは一体なにか?
指で両目のはじをひっぱって目を細くさせるしぐさです。
これって侮辱的なしぐさとしてたまに聞きますけど、なんで侮辱になるんですかね。
確かに海外の人よりもアジア人の方が目は細いでしょう。
目がパッチリしている方が美人だとは思いますけどとくに嫌なしぐさでもないです。
スペイン語でアジア人を侮辱する言葉を言ったのは駄目ですけどね。
ダルビッシュ選手は、完璧な人間はいない、これで学ぶべきと意外と大人な発言も出来るんですね。
後悔していると言っているみたいだけど、日本でプロ野球をしていたくせにマナーを知らない外国人もいるんですね。

不倫のニュースばかり

どいつもこいつも馬鹿みたいに不倫不倫って、不倫のニュースばかりで嫌になりますね。
一般人はとりあえずおいておくとしても、メディアに出るような人はなんで気を付けないんでしょうかね。
不倫をして今までの信用やキャリアを失うことになるって思わないんだろうか。
それとも、分かってはいるけど止められないのなら仕方がないのか。
芸能人もですけど政治家だって普通に狙われる昨今。
ガードが甘すぎますよ。
って言っていると不倫はOKみたいに見えちゃいますがもちろん反対です。
結婚すらしていない身としては、せっかく家族が出来たのに自分勝手な行動をして迷惑をかけるなんて信じられません。
家族が周囲にどんな目で見られるか、また仕事を失ったらそのあとの生活だって困ります。
失敗している人がこれだけ多いのだからわかると思うんですけどね。

陸上選手のお肌

世界陸上を見ていると、凄いなって思うばかりですね。
短距離じゃないのにもの凄いスピードで走るトラック競技とか。
見ているだけで疲れます。(笑)
そして見ていて思ったのでうすが、陸上選手って肌がすごく綺麗なんですよね。
黒人さんの肌なんて高級革のようにぴっかぴか。
水泳選手は水の抵抗を抑えるために処理するのは知っていましたけど、陸上選手もそうなんでしょうか?
ネット検索をしてみたら、そうだって答えもありました。
でも興味深いのがジャージを履いたまま、過酷なトレーニングをするとこすれて自然に薄くなるというのもあったんですよ。
自然になくなるなんてにわかに信じられません。
過酷な走り込みがどんなものかもわからないけどこれが事実なら凄いことですね。

両親の監督責任を問う

両親の監督責任を問う
海外の動物園、ゴリラがいるところで事件はおきました。
小さな男の子が転落してしまい、池のところにいたゴリラが男の子を引きずっていく映像は衝撃的でした。
動物園がやむを得ずゴリラを射殺したそうです。
この行為にも批判があるそうですけど、男の子の何倍もある大きなゴリラがずっと捕まえたままなら仕方がないと思います。
動物の専門家が、ゴリラは子供に危害を加える様子がないと意見をしたところで、殺されてしまう可能性がないわけではありません。
ゴリラと男の子をはかりにかけてどちらを優先するべきか判断したのでしょう。
この動物園は上から動物を見るものでした。
池に転落したのは男の子の不注意で、言うなればその場にいた両親の責任です。
まったくのお咎めなしだと命を落としたゴリラが可哀想です。

リモコンが見つからないピンチ

急に暑くなったりして体調が崩しやすい季節ですね。
先日、帰宅したら部屋の中が蒸し風呂のように暑くて今年はじめてクーラーをつけようとしました。
しかし、エアコンのリモコンがない。
エアコンは暖房もあるけどクーラーしか使わないので冬の間は電池を抜いてどこかにしまったはずなんですよ。
ビニール袋に入れた記憶はあります。
それをどこにしまったのかがわかりません。
部屋は暑いしリモコンはみつからないし、帰宅早々にイライラしてしまいました。
しまった場所が分からなくなっているのは私自身のせいなんですけど、それがまた腹が立つんですよ。
季節もののところに入れた気がするのにない。
最終的にはよく使う引き出しの奥に隠れていましたよ。

サラリーマン大家になる7つのメリット!
→ サラリーマンでも意識の高い方は投資にも励んでいます。もちろん最終的には自己責任ですが、不動産投資について興味のある方はご参考に。